blog横浜探訪3

アクセスカウンタ

zoom RSS well 大井戸

<<   作成日時 : 2016/03/12 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像



吉田新田を開いたときに掘った大井戸(復元)



大井戸

この井戸は、大井戸と呼ばれ、初代の吉田勘兵衛(一六一一〜一六八六)が、萬治年間吉田新田(今の伊勢佐木町吉田町一帯約三十五万坪の入江)を開いたときに掘ったもので、水質はすぐれ二百年にわたって付近住民の飲料水となりました。明治中期、大岡川の水底工事や町に水道が普及してからは、飲料以外にも使われました。
特に災害(大正大地震など)に際しては、防災の役割を果たすなど、市民生活に寄与したが昭和二十年進駐軍によって埋められてしまいました。
今回復旧し、横浜都市開発史上の一記念物としてのこすものです。
当時、その深さは、側石上端より底まで九・三メートル、水深六・九メートルありました。

           平成二十年九月
             吉田興産株式会社



2016年3月10日
横浜市中区







画像



画像



画像



画像



画像



画像





Copyright(C) まさじ (Masaji) 2016-2017

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Lecture 展示解説ボランティア研修 常設展示の舞台を歩く 第3回
展示解説ボランティア研修 常設展示の舞台を歩く 第3回 -吉田新田を歩く− ...続きを見る
blog横濱の文化探訪
2017/09/29 10:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
well 大井戸 blog横浜探訪3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる