Diospyros morrisiana トキワガキ

画像



画像




トキワガキ(学名 : Diospyros morrisiana)は、カキノキ属の植物。和名は、常緑樹で冬になっても落葉することがなく、緑葉をつけることから名付けられた。日本の本州(静岡県以西)、四国、九州、沖縄、日本以外では、中国、台湾、ベトナムに分布している。

特徴
常緑小高木で、樹高7 - 10mになる。幹は、年数を経るにつれて黒くなり、樹皮が不規則に鱗片状に剥がれる。葉は単葉で、互生である。楕円形で、長さ5 - 10 cm、幅2 - 3.5 cmの大きさであり、葉先は急尖頭の形状である。表面は深緑色でやや光沢があり、裏面は淡緑色である。新枝の葉腋に下向きに花を着ける。花は淡黄色で、長さ約8 mmの鐘形である。花先は、4裂し反り返る。雌雄異株であり、同じ株に雄花と雌花が開花する。雄花は雄しべが16本で、2 - 3個散状に着く。雌花は、雌しべ1本と退化した雄しべ4本で、1個ずつ着く。果実は液果、直径1.5 - 2 cmの扁球形で、黄色~暗褐色に熟す。種子は長さ10 - 14 mmの惰円形である。

利用
材は、床柱、茶道具などに使われる[2]。

トキワガキ@Wikipedia より



2017年10月12日
横浜市南区六ツ川


関連

Children's Botanical Garden Plants 横浜市こども植物園の植物
http://hamabra3.at.webry.info/201710/article_6.html

トキワガキ@Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%AF%E3%82%AC%E3%82%AD


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック